美顔鍼

★ハリウッド女優も大注目★

最近多くの国で美容鍼が注目されています。

特にアメリカでは薬や外科的な治療以外での健康意識の高まりがあり、  

美容目的での鍼治療の人気は非常に高まってきています。 

中国では、ごく一般的に病院内で美容鍼灸科があるほどです。

 

 

  《Befor》                             《After》
  
上の写真は、美顔鍼をする直前と直後の写真です。 

光や表情の違いにより多少のずれは出てきますが、目元・口元のたるみやくすみがなくなり、頬の位置が上がったことにより左右のバランスが整ったことがお分かりになると思います。  

また、顔の筋肉が緩むため表情が出しやすくなります。

鍼を刺した直後に効果が出るだけでなく、その後も老廃物が流れやすくなるため浮腫みにくくなり、お肌の細胞は元気になっていくので、その場限りではないというのが美顔鍼の特徴です。 

 

 

【美顔鍼の効果】

皮膚は表から、“ 表皮・真皮・皮下組織” の3つの層で形成されています。  

 

”表皮層”は28日周期の新陳代謝(ターンオーバー)によって、一定のサイクルで新しく生まれかわっていますが、血液によって運ばれる栄養や酸素が血行不良で肌の細胞に十分に運ばれなくなると、その代謝が乱れてしまいます。その結果、古い角質がたまって厚くなり、肌に透明感や肌のツヤがなくなり、くすみという現象が起きます。

”真皮層”には線維芽細胞があります。この線維芽細胞は、肌のハリを保つ『コラーゲン』や肌の水分保持の役割を持つ『ヒアルロン酸』、肌の構造を保つ役割を持つ『エラスチン』などの、肌を保持するのに必要な組織を生み出します。

 

鍼が皮膚に入ると、微小な炎症反応がおこります。この炎症反応により線維芽細胞が活性化し、自らの細胞からコラーゲンやヒアルロン酸などを生み出していくようになります。その結果、潤いやツヤ・ハリ・透明感が蘇ります。細胞自体が元気になるので、反応はその場限りではなく、その後も続いていきます。さらに効果を持続し、肌の質を改善したいという方は、月に3~4回をお勧めしております。      

 

 

【鍼による皮膚の反応】

鍼刺激による微細な炎症反応によって毛細血管から様々な成分が漏れ出しが活性化します。その結果、コラーゲンなどといったお肌の支持を保つ成分が生み出されるため、お肌の潤いや弾力感、シワの改善が実感できます。

また、毛細血管が活性化することで新陳代謝も上がり老廃物も流れていくので、むくみやくすみなども改善されます。

 

 

【鍼による美容効果】

鍼の一部の作用として、免疫作用、消炎作用、アトピーや自律神経の改善といった転調作用があります。それにより肌荒れやシワ、たるみ、くすみ、むくみ(浮腫)、目のくま、顔色の改善、ニキビ、蕁麻疹、アトピーなどの症状にとても効果的です。

ストレスや環境の変化によってダメージを受けることが多い人の場合、鍼灸治療では根本からのケアができるため、とても効果的と言えます。また、血流の改善により不活性化した成分が流れ、リフトアップなどといった小顔効果もみられます。

自身の細胞そのものを改善させることで、コラーゲンなどの潤い成分の生成・分泌力や再生能力が高まるため、施術後の効果が持続します。

 

 

【美顔鍼のメリット★デメリット】

◎メリット 
安価(当院の場合)
 
●細胞自体を改善できるため、自らの力で美しくなれる
●肌トラブルのある人でも出来る                

●お化粧したままでも出来るため、お化粧直しがいらない。

顔面血流量が上がるため、眼精疲労にも効果があり、副交感神経優位になるため脳内がリラックスする 

 

◎デメリット

見た目が恐い。        

まれに内出血を起こすことがある。

※内出血は東洋医学では、汚物(瘀血)が排出されたために起こると考えられています。数日で消え、コンシーラーなどで消すことが出来る程度の大きさです。

撮影や御呼ばれなど、大事な日がある場合は1週間前によろしくお願いいたします。

 

【美顔鍼に使われる鍼の種類】

   

日本は一般的に"毫鍼(ごうしん)"という、先の尖った痛みの少ない鍼を使用しています。そして"管鍼法"という、筒を使って切皮する方法によって、より痛みを少なく鍼を皮膚から刺入していきます。

当院で体の治療に使用する鍼は、先端が0.16~0.2㎜ですが、顔に使用する鍼は0.12㎜なので、太さが全く違います。蚊の吸い口程なので、痛みはほとんど感じずに受けられます。また、深くは刺さずに真皮層に届く程度の刺入深度となります。

 

【美顔鍼で使う経穴】

上の図は左右違う経穴が記されていますが、実際は左右対称にツボがあります。すべてのツボに鍼を刺すわけではなく、患者さまの悩みに沿って取穴部位を変えていきます。

また、これらのツボは花粉症や蓄膿症、歯痛、顎関節症などといった美容以外の治療にもよく使われています。最近美容用に開発された円皮鍼(パイオネックス)も当院で販売しております。シールに鍼が埋め込まれているので、初心者の方でも簡単に取り付けられます。 貼る場所や貼り方などは説明いたしますのでご安心ください★